【コラム】「面倒だなは爆弾」2021年09月10日 10回

面倒だな。この一粒の種は途轍もない破壊力を持っている。

ランニングしよう。あれ、ランニングシューズどこだっけ。あ、箪笥の箱の中に新しく買った靴を入れっぱなしだったんだ。しかも、靴紐通してなかった。あぁ、面倒だな。

その瞬間にあなたの理想の計画は崩れ落ちる。これが好きなことだったら、多少の面倒も承知で取り組むだろう。だけれども、特段好きでもない、あるいは少し苦手なこととなれば、「嫌い」と「面倒」が組み合わさって相乗効果として「やらない」という結果となったり、真逆の行動に走り出すことさえある。ダイエットのためのランニングであれば、「もうダイエットの計画が崩れたからしょうがない」と言って自棄食いをしたりするかもしれない。悲惨すぎる結末だ。

これは困った。ではどうしようか。面倒を乗り越える力をつけるべきか。それが出来たら敵無しではあるが、それはやはり難しいだろう。

となれば、逆に、面倒な要素を「省く」ということを意識してみてはどうだろう。そうすれば、面倒を乗り越えるために労力を使う必要もない。例えば、走る前日にランニングシューズを玄関に置いておくとか。自分の気持ちが下がるその一瞬の敵を発生させないことが大事だ。

砂糖に群がる蟻をどのようにしてその場から逃げてもらうかを考えるのではく、予め砂糖をこぼさないようにすることが最善だ。

良い一日を。

Σ

Pythonとジャスミンを創りました。好きな言葉は「知崇礼卑」です。