【ロングタイム雪之丞のモンデー・ミュージック・ブック002】『Smells Like Teen Spirit』/Nirvana

『Smells Like Teen Spirit』/Nirvana

1991年に発表されたバンドの代表曲。パンクをチャート上位に入れようと、自覚的にヒットさせた楽曲である。パワーコードのギターやポップなメロディー、力強いリズム隊はグランジながら聴きやすい。しかし、厳密にコード進行やリフを分析するとかなり高度なアレンジになっており、カート・コバーンの天賦の才が垣間見える。

ご視聴はこちらから

ロングタイム雪之丞

JASMINEライターとして数多くの名記事を手がけてきた。 『邦楽名盤旅行』をはじめとする連載記事も持つ敏腕批評家。