【ロングタイム雪之丞のモンデー・ミュージック・ブック004】『Stairway to Heaven』/Led Zeppelin

『Stairway to Heaven』/Led Zeppelin

イギリスの伝説的ハードロックバンド、レッド・ツェッペリンの代表曲。ハードロックらしからぬギターのアルペジオとボーカルのみで展開される前半部は一見地味であるが、静かな曲調でも素晴らしいクオリティで歌いこなすロバート・プラントのボーカルが聴かせる。その後エレキ、ドラムが登場し、遂に山場であるギターソロに突入する。多くの有名ギタリストが弾いているペンタトニックの王道ロックフレーズに始まり、ハイポジションで繰り出されるラン奏法まで!まさに天にも昇る勢いで高揚させられる。ジミー・ペイジのギタープレイは決して技巧的ではないが、シンプル且つ斬新な生々しい質感が天下一品。その中でもこの楽曲は指折りだ。そう思いながらソロを練習する歌麿くんであった。

ご視聴はこちらから

ロングタイム雪之丞

JASMINEライターとして数多くの名記事を手がけてきた。 『邦楽名盤旅行』をはじめとする連載記事も持つ敏腕批評家。