【今週の一冊 #11】『黄色い部屋の秘密』

書名 黄色い部屋の秘密

著者 ガストン・ルルー

訳者 高野 優、竹若 理衣

出版社 早川書房

おすすめポイント

研究室の奥の黄色い部屋で起きた殺人事件。駆けつけた一同がドアを壊し部屋の中に入ると、そこには血まみれの令嬢の姿があった。犯人のいた痕跡は残っていたものの、姿はすでに無い。部屋はほぼ密室状態にあったにもかかわらず、犯人はどうやって消えたのか。難易度が高い密室ミステリー。

書影の利用の著作権に関して:版元ドットコム『書影や書誌は自由にお使いください』
https://www.hanmoto.com/about_bookdata(2021/09/05 accessed)の記載に基づき、書影を利用しました。

Σ

Pythonとジャスミンを創りました。好きな言葉は「知崇礼卑」です。