【ロングタイム雪之丞のモンデー・ミュージック・ブック006】『Bell Bottom Blues』/Derek & The Dominos

『Bell Bottom Blues』/Derek & The Dominos

エリック・クラプトンらによって結成された同バンドが1970年に発表した大名盤『いとしのレイラ』に収録されている楽曲。恋愛をテーマにした楽曲であるものの、小気味良いロックンロールではなく、哀愁漂うブルースロックナンバーとなっている。聴きどころはやはり、エリック・クラプトンとデュアン・オールマン、二人の天才によるギタープレイ。白人である彼らの演奏は所謂黒人的なものではないが、ルーツであるブルースから白人ロックまでを通過した極上の音を楽しめる筈だ。

ご視聴はこちらから

ロングタイム雪之丞

JASMINEライターとして数多くの名記事を手がけてきた。 『邦楽名盤旅行』をはじめとする連載記事も持つ敏腕批評家。