【祝日の意識】勤労感謝の日ってどんな日だろう

今日(11月23日)は勤労感謝の日です。

「あ、そうなんだ」と思った方も多いのではないでしょうか。私たち現代人の多くは祝日を「なんとなく」過ごしてしまいます。「休みなんだ嬉しいな」と、単なるイレギュラーな休みと捉えるのではなく、意味のある特別な日であるということを少しでも知ることに「祝日」というものの意義が存在すると思います。

それでは、早速学んでいきましょう。

勤労感謝の日とは

「勤労感謝の日」が制定されたのは1948年です。

日本の祝日は「国民の祝日に関する法律」という法によって定められているのですが、「勤労感謝の日」については次のように書かれています。

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」

勤労感謝の日といえば、働いている人を労うことに重きをおいた日だというイメージが強く感じられそうですが、この文を読んでみると、「働くこと(仕事)を尊んで、国民同士でこの国の生産(成果)を感謝し合う」という働く国民全体でお互いに賞賛しあう日であることが読み取ることができます。

その由来

11月23日はもともと「新嘗祭(にいなめさい)」という天皇家の伝統行事の一つで、五穀豊穣を祝い恵みに感謝する古くから伝わる宮中祭祀を行う祭日でした。「仕事の成果」と「農作の成果」の両方に感謝する日だということが分かります。

では一体なぜ、「新嘗祭」から「勤労感謝の日」に改称する必要があったのでしょうか。それは、第二次世界大戦の敗北にあります。

戦後、連合国最高司令官総司令部(GHQ)は天皇が関係している祭日を祝日としない定めたため、新嘗祭の代わりとして勤労感謝の日が制定されました。

まとめ

勤労感謝の日について少しでも学びになることがあったでしょうか。この「勤労感謝の日」にはしなければならない特別なしきたりはありませんが、少しでもそういった背景を知った上で、この祝日の意味を考えてみるのも素敵かもしれません。

いつもお疲れ様です。

(参考文献)
Wikipedia:勤労感謝の日(2021/11/22 accessed)
昭和二十三年法律第百七十八号国民の祝日に関する法律(2021/11/22 accessed)
2021年の【勤労感謝の日】はいつ?意外と知らない「由来」「何をするの?」徹底解説(2021/11/22 accessed)

Σ

Pythonとジャスミンを創りました。好きな言葉は「知崇礼卑」です。