【素朴な疑問】差出人の住所を書かなかったらどうなるの?

そろそろ年賀状をしたためる頃でしょうか。自分が送るときには必ずといっていいほど書くものがあります。それは相手の住所と自分の住所。相手の住所を書かなければいけないのはもちろん納得がいきます。なぜなら、書かなければ届けることができないから。ですが、自分の住所まで書く必要はあるのでしょうか。もし、書かなかった場合はどうなるのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

送ることはできるが、注意も必要

結論から言うと、自分の住所や氏名が書いていなくても、受取人の郵便番号・都道府県・住所(共同住宅名・部屋番号)が確定しており、切手の金額などが正しければ送ることは可能です。

ですが、書留・特定記録で差し出す場合は自分の住所と氏名を窓口控えに記載する必要があります。また、配達証明・内容証明・代金引換・本人限定受取で差し出す場合は記載を省略することはできません。自分が受取人だったとして、送り主が分からない荷物を受け取るのは少し怖いですよね。そういった場合には受け取りを拒否されることがあります。

また、何らかの都合で自分がその郵便物を返還して欲しいときや、手紙に切手の金額が足りないなどの不備があったときに自分の氏名や住所の記載が無いと取り戻すことができない場合があります。

結論

自分の住所や氏名を書かなくても一般郵便物は送ることができますが、中には住所と氏名の記載を必須とするものがあったり、万が一のトラブルがあったときに返還を行うことができないという問題点もあります。

そして、受け取る側としても相手の住所や氏名がきちんと書かれてある方が安心であるということも考えると、自分の住所と氏名は書いた方が安心・安全であると言えます。

Σ

Pythonとジャスミンを創りました。好きな言葉は「知崇礼卑」です。