【コラム】「好きな色は何色ですかに備えて」2021年12月05日 43回

◆「あなたの好きな色は何色ですか?」という質問を突然投げかけれた場合でも私は瞬時に「〇〇色!」と返答しなければならない。そういう使命があると勝手に思っている。

◆だけれども今の私にはすぐに放てる返し技を未だ習得していないので、じっくりと考えてみた。まず、好きな色とは非常に難しいテーマだと今更ながらに思った。なぜって私たちは常にあらゆる色を見ているから。そこから一色を選択するなんて⋯⋯ 無理難題だ。でも、(とても偏った考え方で申し訳ないが)大体の人はなんとなくで答えていると思う。「んーピンクかなぁ。」「青ですかね。」みたいな。確かに、その返答によって、大まかにその人のカラーを捉えることはできるかもしれないが、私は更に一歩奥まで踏み込みたい。なぜなら私の使命だからだ。

◆まず、自分の持っているモノの色の傾向を調べることにした。一色で言うなら、「黒」が多い。やっぱり一番飽きない色だと思って、モノを買うときは大体黒色を選んでいる。では、「黒色」と答えようか。いや待てよ、これではあまりにも味気ない答えだ。これではまだ甘い。もっと考えよう。

◆余談にはなるが、私は和色が好きだ。色の名前のひとつひとつが素敵で、声に出して読みたくなる。色ごとの名前に意味があるのがまた良いのだ。だから、ぜひとも和色で答えたい。よし、ならば和色辞典を開こう。黒系統の色がまとめられたページを開き、「好きな色」を探す。じぃーっと眺める。しばらくして出会った。これだ。檳榔子黒(びんろうじぐろ)。

■あなたの好きな色は何ですか?

Σ

Pythonとジャスミンを創りました。好きな言葉は「知崇礼卑」です。